施設・設備

保育室など

人にやさしい保育室

新園舎は、ディテールにもこだわりました。フローリングによる広い廊下、段差のない敷居、開放性・視認性の高いスライドドアなど、バリアフリーによる人にやさしい環境に配慮しました。

広々ホール

多目的ホールは、ステージ両翼に舞台袖を設けた本格仕様です。壁一面をガラスエリアとしたため、とても明るく開放的です。3階には小さなスペースながら、展望ルームを設けました。

きれいなトイレ

バリアフリーの思想はここにも活かされました。トイレには入室ドアを設けず、廊下から床続きになっています。スリッパを使用しないドライタイプのため、抵抗感なく“お家感覚”で利用してもらえます。

感性を育む環境美化

環境美化は、しつけという側面だけからではなく、感性を育てる意味でも重要です。“品位や文化”をさりげなく感じ取れるように、内外の随所に絵画や石像、水槽、オブジェなどを配置しています。

page top